FC2ブログ
ここは管理人が語り倒すためのブログです。アニメとかDOLLとか馬とか日々の徒然とか。何でもありのごった煮状態。オタク成分は多数配合されています(笑)まずは「はじめに」に目を通していただければこれ幸い。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 るろうに剣心観てきました。
2012年08月26日 (日) | 編集 |
このところの漫画およびアニメの実写化でいい思い出がなかったので、あの連載中のキネマ版みたいのだったらいやだなぁと期待していなかったのですが、どっこいなかなか良かったです。
最初に生「おろ」聞いた時の違和感半端なかったですけど、10分で慣れました(笑)
ストーリーは武田観柳編をメインに偽抜刀斎事件、左之介との対決、鵜堂刃衛編を混ぜた感じ。

左之介と弥彦と斉藤一あたりは原作とキャラの出会いがちょっと違うので、濃いファンの中にはイヤな人がいるかもしれません。が、そこまで気にならないかなぁ。あ。観柳はもう全く別キャラです。香川さん個性強すぎ(笑)
そして残念なお知らせが。武田観柳編ではありますが、御庭番衆は出ません。お頭、できれば会いたかったぜ。

以下にちょっとネタバレあり感想を。
もともと、アニメ化した時に剣心の声が女性であったことにガッカリした身なのですが(涼風真世さん上手でしたけど)、この実写を見て剣心は男性でなくてはと強く思いました。
この映画の見所は殺陣(・・・人によっては殺陣じゃないアクションシーンだ!というかも)と剣心その人。

剣心の肉体的な鬼神のごとき強さと相反する内面の繊細さ。剣心の孤独、そして罪の意識。それが上手く表されてると思います。ちょっとした仕草にそういうところが見え隠れする感じ。あのマンガ版の哀愁漂う背中を表現できるとは。佐藤健の表現力にカンパイ。
最後に「おかえり」って言われて、何でこんなこと言われたのか分かんなくて一瞬ビックリしたような戸惑ったような表情を見せてから、はにかんだような感じで「ただいま」と言うところとか好きだなぁ。
ま、剣心で一番しびれたのは「殺してやるからかかってこい」ですけど。声の落差がすごくてねぇ。あと佐藤剣心はしなやかでセクシーさも滲んでおりました。

吉川晃司の鵜堂刃衛はすごく良かった。原作の「うふふふふ」は無くなったけど、刃衛の狂気はジワジワと怖かったしオーラも凄まじかった。殺陣のシーンは長身から繰り出す斬撃の激しさとか上手いなぁと。背車刀が普通に殺陣で出てきて「おおう!」と感動しました。

斉藤一は男臭かったし兄貴って感じ。江口さんだから仕方ないか。キャラとしては好きだけど、原作とはイメージ違います。牙突の構えを見て「牙狼~!」と思ってしまったのは内緒(笑)

あと、左之介は嵌ってました。びっくりした。下品で江戸っ子で左之そのもの。斬馬刀をぶん回す剣心との喧嘩シーンは軽妙で面白かった。でも、武田観柳邸での殴り合い対決はいるか?とちょっと思った。るろ剣って重いキャラが多いので左之の明るさに救われる部分はあったけどね。
武田観柳に関しては何も言うまい。ただただ濃いです(爆)

と、男性陣は概ねよかったんですけど、女性陣がいまひとつ。ここも良ければ評価高かったんだけど、おしい!
薫は動いたらけっこう薫だったんですけど、致命的にアクションがヘタだった。木刀振り回す時に腰に重心がないのが気になってしまって。薫は師範代なんだから剣心達のような達人クラスには敵わないけど、一般人相手なら男にも負けないだろうと思っているので。あとはちょっとおしとやか過ぎるかなぁ。もっとお転婆な感じが欲しいと思いました。
高荷恵は・・・恵と思わなければOK!(爆)薫と同じくらいの年の設定になってるような・・・。純真無垢な薫との対比にしたかったのかなぁ。でもちょっとパンチが弱いんだよなぁ。あの特殊な眉毛はわざとなのかなぁ。個人的に好きじゃないんだよなぁ。演技もちょっと・・・うん残念。

そんなわけで「るろうに剣心」何かの折に一回見てもいいんじゃないでしょうか?近年のマンガ&アニメ実写化の中では間違いなく良作です。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。