FC2ブログ
ここは管理人が語り倒すためのブログです。アニメとかDOLLとか馬とか日々の徒然とか。何でもありのごった煮状態。オタク成分は多数配合されています(笑)まずは「はじめに」に目を通していただければこれ幸い。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 世界を革命する力をー!!
2012年07月03日 (火) | 編集 |
発売開始3分程度で200席が完売(もちろん敗北)
望みを託した当日の立ち見券はわずか20枚。
あまりに少なかったので、このまま諦めるか自問自答したりもしましたが、「断じて諦められぬ!!」と、心が叫んだので行ってきました、30日の爆音映画祭の劇場版ウテナ。
徹夜禁止だったので勝機はあると信じて、前日の仕事終わり次第新幹線で上京して、吉祥寺の隣の三鷹に宿を取って、午前3時に起床して30分後にチェックアウト。そこから30分ほど歩いて映画館着。
4時から並んでOKだったので、居合わせた4人でおもむろに列を作りました。
先頭は、今日この日の為に京都からやってきて、24Hマックで時間を潰していた女子大生に譲って、2番手をゲットしまして、なんとか当日券を手に入れることができました~。
そのあと当日券の列はドンドン長くなって、最終的には100人くらい並んだんじゃないかな?どう考えても足りないだろって順番の人も帰らないの。みんなウテナ大好きなんだな~って感動しました。

で、実際入場したら、なんと椅子席が増設してあって座れました!映画祭のスタッフさんがなるべく多くの人が入れるように、がんばって下さったみたい。最後には座布団が渡されて通路での座り見さんまで出ました。

そんな超満席で始まったウテナは、最初の鐘の音から大迫力のすばらしいものでした。ダンスシーンに見惚れ、終盤の絶対運命黙示録から鳥肌立ちっぱなし。アンシーの「世界をぉぉーー!!」の叫びに痺れました~。
周りの皆さんもみんなウテナ好きなんだと思うと、感激もひとしおでした。
最後にこっそり見に来てた幾原監督の舞台挨拶まであって、本当に諦めずに行ってよかった。
いつもシニカルな笑みを浮かべてる監督が、「川上とも子の声を大画面で聞けるのはイイね」と、ひどく真面目な表情で言われて、じわっとくるものがありました。
もう劇場では見れないと思っていたんで、今回の上映は嬉しかったです。爆音映画祭ありがとう!

この日はウテナの後、荻窪でピングドラム聖地巡礼をしたり、青山のギャラリーで星野リリィ先生の展示を見たりと、超充実でした。

帰ってきてから熱だしてぶっ倒れましたが、チケットの対価と思えば安いもんです(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。